簡単☆桜えび入りネギスープ

対応ケア : メタボケア 脂質ケア

分量

(2人前)
絹ごし豆腐80g
えのき70g
50g (1個)
長ねぎ50g
桜えび7g
薄口醤油9g (小さじ1.5)
料理酒5g (小さじ1)
ごま油4g (小さじ1)
顆粒 出汁の素2.5g
おろし生姜2g
0.1g (1つまみ)

栄養成分

(1人分)
エネルギー113kcal
タンパク質9.0g
脂質5.5g
炭水化物6.4g
塩分1.5g
食物繊維2.0g
カリウム317mg
コレステロール130mg

作り方

  1. 長ねぎは斜めに薄切り、エノキは食べやすい長さに切る。
  2. 鍋にごま油・おろし生姜を入れ、長ねぎ・桜えびを入れて中火でゆっくり炒める。
  3. ねぎがしんなりしてきたら、エノキを入れてサッと炒め、水(分量外)を入れて煮立たせる。
  4. 煮立ってきたら豆腐を入れ、調味料で味を調えたら、最後に卵を入れてゆっくりかき混ぜる。

・豆腐には善玉コレステロールが多く、悪玉コレステロールの上昇を防いでくれるので、動脈硬化の予防にもつながる。
・卵は良質のたんぱく質を多く含む。良質のたんぱく質は体の中で早く吸収されるので、素早く筋肉など体の構成成分に変わってくれる。ダイエットの為に脂肪を筋肉に変える時は、良質のたんぱく質を多く含む食品を摂ると良い。

卵はコレステロールが高い食品として知られているが、1日1個の目安量を守ればOK。但し、お医者さんにコレステロールの多い食品を控えるように言われている方は、2~3日に1個にするようにしましょう。
・桜えびは先に炒めておくことで濃い出汁がでて旨味もUP!!



新着ケアレシピ

専門家コラム

栄養プロの料理教室

オーダーメイド相談
数値で健康チェック

食事ケアポイント

SNS

栄養士・管理栄養士の方へ