ささ身ともやしの梅和え

対応ケア : メタボケア 脂質ケア

分量

(2人前)
もやし100g
鶏ささみ肉60g (1本)
少々 (ささみを茹でる用)
黄パプリカ40g
キュウリ40g
大葉5g (3枚程度)
<ドレッシング> 
梅干し10g
お酢10g (小さじ2)
薄口醤油3g (小さじ1/2)
砂糖1.5g (小さじ1/2)
0.1g (1つまみ)

栄養成分

(1人分)
エネルギー55kcal
タンパク質8.5g
脂質0.0g
炭水化物4.8g
塩分1.9g
食物繊維1.5g
カリウム267mg
コレステロール20mg

鶏ささみ肉の下準備

1. ささ身は筋を取って、沸騰したお湯に塩を入れて溶かし、ささ身を入れて再沸騰させる。
2. 再沸騰したら火を止めて蓋をして10分くらい放置。
3. 時間が来たらささ身を取り出し、粗熱が取れたらほぐして使う。

作り方

  1. もやしは水洗いしてレンジで加熱し(600Wで1分半)、粗熱を取る。
  2. 胡瓜、パプリカは千切り。青じそは糸切りにする。
  3. 梅干しは種を取ってまな板の上で叩いて細かくし、調味料と混ぜ合わせておく。
  4. (1)、(2)、(3)をすべて混ぜ合わせて完成。

・梅干しに含まれるクエン酸は疲労回復効果がある。
・酸味は食欲をセーブしてくれる働きがあり、余分なものを食べ過ぎないようダイエットの効果がある。
・夏バテする時には不足するたんぱく質。ささ身を入れる事でたんぱく質が摂取でき、栄養バランスが整いやすい。



新着ケアレシピ

専門家コラム

栄養プロの料理教室

オーダーメイド相談
数値で健康チェック

食事ケアポイント

SNS

栄養士・管理栄養士の方へ