咳エチケット、出来ていますか?

難易度 :

インフルエンザが流行するこの季節。自分の身は自分で守ることが大切ですが、他人へうつさないように心がけることも大切です。
そこで今回は簡単に始められる「咳エチケット」について説明します。

咳エチケットとは?

咳エチケットとは、他人にインフルエンザをはじめとする感染症をうつさないために、咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチなどで鼻や口を抑えることです。ティッシュやハンカチを取り出すのが間に合わない時は、洋服の袖で抑えるのも効果的です。

※咳やくしゃみをした時のしぶきには病原体を含んでいる可能性があり、しぶきが原因で感染が広がる可能性があります。しぶきは約2m飛ぶと言われている為、特に人が多く集まる電車や職場・学校などで「咳エチケット」を行うことが重要です。

正しい咳エチケット

マスクを正しく着ける

マスクはただ着けておけば良いというものではありません。鼻から顎までをしっかりと覆い、出来るだけ隙間がないようにすることがポイントです。
病原体の侵入ルートで、最も多い場所は鼻や口です。口はしっかりと覆われているのに、鼻が出ている人をたまに見かけますが、これでは意味がありません。マスクを購入した際に、袋や箱に注意書が書いてあるので、正しい着け方を一度確認してみてください。

口や鼻を手で直接覆わない

手で直接鼻や口を抑えると病原体が付着し、その手で触った吊り革やドアノブなど周りの物を介して他の人に病気をうつしてしまう危険性があります。手ではなく、ハンカチ・ティッシュや洋服の袖で鼻や口を覆うようにして、使用したティッシはすぐ捨てるようにしましょう。
因みに・・・何もせずにそのまま咳やくしゃみをすることは以ての外です!!

インフルエンザ以外にも咳やくしゃみで感染する病気はたくさんあります。咳エチケットで自分だけでなく他の人も病気から守ってあげましょう。

引用:厚生労働省HP「咳エチケット

執筆者:みずえ
30代の管理栄養士。好きな食べ物は野菜とお魚。

コラム一覧へ



新着ケアレシピ

専門家コラム

食事ケアポイント

オーダーメイド相談
数値で健康チェック

栄養プロの料理教室

SNS

栄養士・管理栄養士の方へ